読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20歳のまめやしが経験したこと

大学生活で適応障害と鬱病を患ってわかったこと、大学生活でわかったことを綴ります。

絵を描く楽しさ

自分をさらけ出しても、それが成り立ってしまう、「芸術」

抑圧された過去の思い、今の思い、よーーく思い出して、描いたんです。もちろん、正直に、というのは誰かを傷つけたり、誰かに縁を着られる覚悟。不安はあった。

 

でも 本当の 自分を 知ってほしい さらけ出そう 嫌われても それを受け入れてくれる 好きなものだけに囲まれれば!!!

 

そこから変わった!!

とても楽しくて とてもスッキリして。

大学の人たちが、繋がっている人たちが、これを 良し としてくれた!!!

 

認めてくれたんです。わたしを。失敗を。

 

すごくありがたいと思ったし、泣いてしまいました。

双極性障害適応障害うつ病。患った自分にはできないものはあるけど、ひとつの個性を持った自分です。私にしかできないことをとことん伸ばしてしまおう!!!

 

楽しい。 やっと時が経った感じ。 過去が過去になった感じ。 まだ 完全じゃない。 でも 絵を描くことによって 不安症状はおさまってる。

 

没頭するの、おもしろい!!!

 

f:id:mameyashi:20161210214607j:imagef:id:mameyashi:20161210214612j:imagef:id:mameyashi:20161210214616j:imagef:id:mameyashi:20161210214622j:imagef:id:mameyashi:20161210214632j:imagef:id:mameyashi:20161210215259j:image