読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20歳のまめやしが経験したこと

大学生活で適応障害と鬱病を患ってわかったこと、大学生活でわかったことを綴ります。

サプライズ

 

 

忘れもしない、8月3日。[これ元彼の誕生日ってことにも笑えた]

 

 

プライベートではうつ病患者なので、

わたしはとても不安だった。

 

 

大学のみんなとカラオケ。

 

 

 

 

 

 

楽しいのかな、どうなっちゃうんだろ

 

 

 

 

 

 

そんな思いを抱えながら

 

 

 

 

 

 

 

大学の教授と、大学でサヨナラしたあと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラオケ店へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辛い時にいた仲間がいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかんだ流されるようにして入って、

 

 

 

 

 

 

よし!と思いながらカラオケ、

 

 

 

 

 

 

 

奇跡的に楽しめました。

 

 

 

 

何が起こってるんだろう(笑)

 

 

 

 

 

 

 

そして終盤に近づいた頃に大学の旨を発表しました。

 

 

 

 

 

泣きました。

 

 

はじめて

 

 

みんなに

 

 

正直なことを言ったのか

 

 

安堵感からか

 

 

 

涙がポロポロとまらなくて

 

 

 

そしたら友達ふたりがくれたのは

 

 

 

「寄せ書き。」

 

 

 

 

 

 

音教のみんなと、先生達からも。

 

 

 

 

なんであたしなんかに

 

 

みんなを、大学を離れようとしてる

 

 

あたしに。

 

 

また涙が止まらなくて

 

 

 

マイバラード歌って

 

 

 

はじめてだった

 

 

 

うつを患って初めて歌を歌って泣いた

 

 

 

ずっと幸せな気持ちだった。

 

 

 

はじめて、

 

大学生活に

 

 

感謝した。

 

 

 

きらいだったのに。みんなのことも敵にしか思えなかったのに。

 

 

 

 

 

あの時の選択は間違いだったと思った、

でも出会わせてくれた人達は

馬鹿みたいに優しさの塊で

 

神様に感謝しようと思った

 

 

 

 

終わりよければすべて良しってこういうことか。

 

 

みんなありがとう。