20歳のまめやしが経験したこと

大学生活で適応障害と鬱病を患ってわかったこと、大学生活でわかったことを綴ります。

SNS危険

繋がり。連鎖。ソーシャルネットワークサービス。

SNSは時には嫌な人からの繋がりも受け入れなきゃいけないそんな精神的なダメージがある。

過去のしがらみ、なかったことにしたいこと、全部がそこに入ってる。

嫌なことは心の持ちようで、とは言うもののどんだけ言い聞かせてもそのとき納得しないものは納得しない。

今は納得しない。

できない。

全部は無理。

 

時々懐かしくなるけど症状が出た時は本当に過去に意識を向けてしまう。

あの時あーしてればこうなってなかった、がんばったはずなのにぶっ壊れた、何これ、っていうよくわからない感情。

 

さっき久しぶりに某SNSを開いてみたけどそこには良くも悪くも変わらない人たちがいました。ほんとに変わらなかった。

最初はほんとに懐かしい気持ちだったけどだんだんと迫るものがあった。

 

どうしても当時の状況や、我慢してたものがこみ上げてきて左頬がつっぱった。過去と今の負の感情が混ざりあって複雑ですが、体に良く出る。

なんであんなにデリカシーがないんだ、なんであんなに気づかないんだ、なんでこんなことが面白いんだ、なんであんなにノウノウと生きてられるんだ、なんでここに私はいるんだ、嫌だ、こんな場所いやだ、こんなの学びたくない、辞めたい辞めたい関わりたくない。もっと自由な場所に行ってハメを外してやりたい。過去の思い。

 

一番心に来るのは、こういう行為をしたからと言って私が健康になったわけじゃないのに変に勘違いされたり、変な解釈をされたり、裏で笑われたりするのがいやだ。

なーんだ、結局大したことないじゃん!

なんだかんだ恋しいんだよ〜!

ほんとに人間的にちっぽけだね!

なんで私は、僕は、俺はこんなに頑張ってるのにお前は休んでんだ!!

とにかくたくさんのことを知らないところで言われるのが、思われるのが怖い。

あっちには自分の見えない重りを10mg程度にしか感じられないんじゃないか。

器なんて人それぞれなのにそれを無理に広げろだの無理要望だの言われそうで辛い。

 

確かに大学にはみんな何かしら抱えながら通ってる人達が多い。

他人の辛さなんて、ひとくくりにまとめちゃいけないし容易に変な励ましを貰っても

よくわからなくなる。

重々感じた。

 

 

「なんでお前は休んでんだ」

「なんでお前はすき放題できるんだ、でも私はがんばってるからおまえもがんばれ、サボってるんじゃない、私は自分に厳しくしてるのにアイツはいいよなマッタリで」

 

見えない声がすごく聴こえてきて時々発狂する。思い込みだけど少なからず多分一瞬でも思ってる人はいる

 

 

こうやって吐き出して、

偽らず、クズさ全開で

自分のハードルをさげてるけど、

誰かがどこかで笑い話にしてるんじゃないかってのが怖くなった。

あっちの人目が怖い。すごく怖い。もう我慢したくない。

 

グルグルグルグル止まらない自分の思考能力にうんざりした

 

時は経ったのにまだその当時の状況になると死にたくなる。完全には健康になってない。

 

もうあの学校付近には行かないし、学校にも行かないと思う。

 

タイミングも波長も何もかも合わないと感じた、

 

 

つらくなったので

また利用解除した。

メモその2

メモ
知らないところ+知らない人+ひとり

→頭痛(抑うつ

 

知らないところ+知らない人+withかぞく

→撃沈

 

知らないところ+知ってる人+ひとり

→ウキウキ

 

知らないところ+知ってる人+withかぞく

→涙腺ゆるゆる

 

知ってるところ+知らない人+ひとり

→まあまあ

 

知ってるところ+知らない人+家族

→おええええええええ

 

知ってるところ+知ってる人+ひとり

→まあまあ

 

知ってるところ+知ってる人+家族

→ゆるゆるゆるゆる

 

松戸+ひとり

→ボーっ

 

松戸+学校外で遭遇

→まあまあ

 

家+松戸

→ぁぁぁぁぁぁあ(ヒート)

 

音楽→できる けど何にも響いてこない感じ

絵→できる 没頭

 

夕食後に薬を飲み忘れそうになる

土曜日がしんどい

スマホは長時間いじるとヒート

刺激が多いところ危険

情報も多いところ危険

神社掃除は没頭できる

刺激が多いところは控える(特に家族といる時)

環境に左右されやすい

 

→今のところスローライフ確定

 

 

 

都会と田舎(こっちが実家)

 

まめやしは千葉県のクソド田舎に住んでいるのですが、大学生活では都会をウロチョロしていました。

そしてまた療養中の今、実家に戻りました。そしてこの二つの様式の違いをまた痛感したのです。

どちらも良さがあり悪さがあるので、

自分に合ったのはどっちなんかな..!なんて思うんですよね。

 

メモしときます。

 

 

都会ポイント

娯楽に恵まれている

電車が分単位

自立しやすい

選択肢や世界が広がる

身内がいないのでハメを外せる

垢抜けるので自我の確立ができる

______________________________

人が多い

情報量が多すぎる

気が張るので痩せるというかコケる

空気めちゃくちゃ汚い

自己責任

お金はくれない

 

田舎(実家)ポイント

刺激が少ない

空気がいい

お金をくれる人が多い(なぜか)

規則正しい生活

家族という安心感

困った時はお互い様近所づきあい

______________________________

主張すると悪目立ちしやすい

車必須

娯楽までの道のりが長い

家族というストレス

自分での選択に干渉や犠牲がつきまとう

(身内、近所...etc)

ハメを外したら噂が広がる監視社会

 

 

 

 

とまあこんな感じ。同じくらいですね。

みなさんはどっちが好きかしらヾ(⌒(ノ'ω')ノ

 

 

 

まめやしはどちらも経験しています。

お互いの良さも悪さも。

症状が落ち着いてくると、田舎の悪さにも気づいてきて、自分が住んでいた居心地の良かった場所が時々 ハァン!?!? となってしまうんですよね。

環境的には療養に最適ですが、精神的にはどうなのこれ...??なんて思うんですよね。

 

元気になったら。さてこれから。住まいはどうしようと最近悩むのでした。

 

ハァン( ˙-˙ )

 

夜は嫌だね

親の気持ちに左右されやすい20歳(特に母親) 。お母さんに自分の思い「〜なところ直してほしい、私はこう思ってしまうんだ」をつたえたら「なんでそう思うの!?なんでそういう解釈をするの!?」っとヒステリーに言われた。

私の気持ちを否定されるのが嫌だ。

感情に正しいも何も無いのに。

それで母親が凄く気分が落ちてるのわかる。でもそれに影響されない私になりたい。

 

もうこの歳になってそれができない辛い。
母と父の顔が段々歳をとるのに気づき、祖父母の背が小さくなり、自分を守ってくれる人がいなくなるという寂しさに耐えられない自分がいることが嫌だ。

 

親に甘えてしまいそうで、なおかつまた何かで傷つけそうなので1人でどこかに行ってしまいたい

 

カウンセリングて大事だね

 

私の行ってる、セカンドオピニオン(某心療内科)は、薬をあまり出さず、カウンセリング重視のところです。

 

院長の診察で次の予約日を決めてから、カウンセリング室に入り、担当のカウンセラーと週一ペースでお話をします。

 

「前来たときから何日か開きましたが、どうですか?わかったこととかありますか?」

 

「これこれこーで、こんなんして、こういう時に頭がガーンてしてよくわかんなくて」

 

「じゃああれなんだね、無意識に自分を使い分けちゃう傾向にあるんだね」

 

ほー。そういえばたしかに私はそうだ。人に対してなんかそうなっちゃう。お薬でお世話になってる病院でも、先生のことをすぐに気にしてしまって自分をおざなりにする。

 

「たしかにそんな感じはあります。これこれこーでこんなんになって...」

 

「うん、うん、うん。」

 

 

親にも誰にも言えないことを第三者に話すのはこんなに思考の整理がつくのかとびっくりしました。

 

 

「日記とかつけてる?これ心理療法でよくやるんだけど、自分の気分がいいことをメモするのね。それの積み重ねで自分のことがわかったりするからさ。充実感があるもの、時間をかけたけどあまり充実しなかったもの。やってみてね」

 

「はーい」

 

話を聞いたら、これからは根掘り葉掘り深く聞いてくようなかんじになるらしい。何も話すことがない時は、自立訓練法や、アートセラピーやそういったものを取り扱ってくれるみたい。

 

色々あったし色々葛藤したし、今でも(´;ω;`)ウッ…てなるときはありますが、でも全然良くなってる。

 

公共機関を使って外に出るのはまだ緊張しすぎて抑うつ状態になるけど。(笑)

 

この病院が合うかもなあwwwwwww

 

今年は自分の事が色々わかる年なのかもしれないなぁ。

 

最近元気な時にnanaを何曲もあげられるようになりました。いえい。

 

健康な時を思い出して落ち込んじゃう時もあるし、積み上げたものが真っ白という、白紙状態な気持ちになるし、でもたしかに良くなってる。全然八月よりよくなってる。

 

カウンセラーにおすすめされたこともプラスしながら、日記も続けて行こうと思います。

 

休める場所と理解してくれる人がいるって幸せもんだなと思います。ありがとう。

 

以上近況報告でした。

双極性障害...????

今日セカンドオピニオン的な感じで、カウンセリング重視のところ行ったんだけど、最初の病院で処方されたラミクタールのことを話したら「適応障害だけじゃなくて双極性障害の診断があるからこの薬がでるってことだよね...」と言われた。

 

最初のお医者さんは言わなかったけど、私も本当はコレなんじゃないかと察してはいた。
確かに大学時代から軽躁状態に当てはまるものはある。

洋服も派手なものに惹かれて、

自分は有名になれると誇示して

著名人に憧れを抱く存在だったのに

なんか同じ立場にしか見えなくて。

 

帰省した時は大学生活の自分が

ぜんぜんちがうひとにみえて

なんで私こんな思考なんだろうとか

なんで私あんな人にこんなこと言ったんだろうとか。

 

1人で都会に向かって行動すると抑うつ状態になって、ぼーっとしちゃうしでも外見上そんな風には見えない。

 

家族とでかけると気が抜けて鬱の状態が極端、でもこころはホッとしてる感じ。

 

大学ではポジティブで強気、高校のネガディブで弱々しい自分とは大違いな性格だった。

 

覚悟しとかなきゃなぁ。悔しいよぉ。